« 箱根の◆「秋あじさい」◆ | トップページ | ミニアレンジ「グリーン&レッド」 »

2006.10.26

「樹」のすばらしさ

 何気なく、道路や公園、庭にある樹木。でも、良くみると、

その形は美しいです。そう、思いませんか?

 わたしは、小さい頃から、なぜか「樹」の絵を描いていました。

そして、なぜか、細かい枝やくねくね曲がった幹や枝を描くのが

好きで・・・。(へそ曲がりはこの頃からかもしれません。丸い樹

などを描くのをあえて、はずしていた・・・・笑)

P1010176

↑これは、昔といっても、学生時代に描いたものです。

やはり、枝ばかりなんです(笑)。これは、わたしが好きな

描き方で、割り箸を削って墨汁をつけて描いています。

*この描き方、小学校の図工などでやられた方、いませ

んか?友人にも聞いても、なかなか、賛同得られないので。

4

7_2

↑この2枚の写真は、先日の箱根で・・・。後者の写真、

枝だらけ・・・が気に入っています。(笑)

P1010173

↑この本は、10年前くらいに、購入した本です。

法隆寺の宮大工棟梁が書かれた「木」についての著書。

仕事、宮大工の生活、日本文化・・・について。

「国家の品格」の宮大工版・・・のような感じです。

私、こういう、職人さん、大好きです・・・。

↓ぽちっと、クリック、お願いします。

にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 花ブログへ

人気blogランキングへ

|

« 箱根の◆「秋あじさい」◆ | トップページ | ミニアレンジ「グリーン&レッド」 »

コメント

割り箸に墨をつけて絵を描いたことありますよ~
私も好きでした。
墨一色でも濃淡や枯れた感じが表せて面白いですよね。
私は美術を勉強したことないのですが(中学の時の美術の先生が大嫌いだったので 美術に進むことは考えられませんでした~)今から思えば 勉強しておけばよかったと思っています。
アフリカの櫛 長いものではありません。小さな物です。
上の部分が確か模様編みしてあったような・・・櫛の目もきではなかったような・・・今度探してみますね。

投稿: pole pole | 2006.10.26 22時56分

polepoleさん
 うれしい・・・。描いたことありましたか。
 そうなんです、濃淡やかすれ具合が
 イイんですよね・・・。プラス、墨汁の香りも
 好きなんですよ・・・。
 
 小さい頃は、先生の影響大ですね。
 私は、幸いに、中学の美術教師がかなり
 個性的な方で、私は、相性が良くて
 その影響、かなり大きかったと、今に
 なって思います。

 アフリカの櫛、もよう編み、是非みたい
 ですね~。

 
 

投稿: HUKUHUKU | 2006.10.26 23時29分

おはよ~ございます。
はい!やりました。
割り箸削って墨汁付けるやつ。。
美術大好きでした。ヘタッピですが・・・

職人さん大好きです。
勉強も大切だけど、職人さんの、頭でなく体で覚える知識
とっても必要だと思うな~。

投稿: おきろん | 2006.10.27 08時42分

わたしも、割り箸の絵、やりましたよ~。
HUKUHUKUさん、お上手ですね。

わたしの場合、高校の頃の美術の先生は、油絵をどこかに出品されるような先生で、授業の合間、準備室?でいつも大きな絵を描いてらっしゃいました。
個性的な先生でしたが、わたしは好きな先生でした。
美術の成績は特に良かったような・・・。
わたしもその影響で美大に進んだんだと思います。
学生の頃の先生の影響って大きいものですね。

投稿: みー | 2006.10.27 10時06分

おきろんさん
 やられましたか・・。美術好きだったんですね。
 美術の中では何が一番すきでしたか?

 「頭でなく、身体で覚える」、名言ですね。
 職人、本当大好きです・・。
 無口で頑なに、もくもくと作り上げていく
 あの姿、たまりません・・・。

投稿: HUKUHUKU | 2006.10.27 22時03分

みーさん
  やはり、やられていますか?
 割り箸と墨汁、本当、ナイスなくみ合わせですよね。

 みーさんの美術の先生、凄いですね、準備室で油を
 描くのは凄い・・・。(洋画科出身ですね・・・)
 きっと、みーさんもその頃からすてきな絵を
 描かれていたのでしょうね・・・。
 私の先生も洋画科出身で、かなり個性的で
 個人の個性を尊重してくれる、良い先生でした。
 懐かしいです~・・・。
 

投稿: HUKUHUKU | 2006.10.27 22時20分

私は美術はキライではなくどちらかと言うと好きな方でしたが、高校では選択しなかったですね~。
皆さん美術のお好きな方のようで、お話しが合っていますね。
樹木は大好きですよ。生け花でもずっと細部を見ていました。

投稿: ミュー | 2006.10.28 08時22分

ミューさん
  おはようございます。
 美術、お好きでしたか・・・。
 みなさん、好きな方が多くて、なんか
 嬉しいです・・・。

 樹木、そうですよね。おもわず細部まで
 見てしまいますよね。生け花をされる際に
 使う樹木は、ご自分で用意されることも
 あるのですか?

投稿: HUKUHUKU | 2006.10.28 09時32分

こんばんは!ここ2日間、ぐあーと忙しく、でも、今日は、もう帰って来れて、ゆるりと過ごしています。あらら、3回分も、見れてなかったんだわ、、。
木の枝、幹、私も好きです。
もともとは、葉の方が好きで、今も好きですが、少し前から、冬、葉を落とした木々に惹かれるようになりました。
こう、自分から、葉を落とした時、何が残るのか、、と考えると、木って、すごい、、とその存在に頭がさがります。

投稿: sawako | 2006.10.28 22時15分

樹は美しいですよ~~!!
でも私は絵心なくて、割り箸を使って・・というのも
記憶にないです~~。(+_+)

「樹に学べ」で 何だか思い出しちゃったのが、
ちびまるこちゃんの 佐々木のじいさん でした・・・。
(ーー;)

投稿: アレッサ | 2006.10.28 22時49分

sawakoさん
 連日、お疲れさまです・・・。ゆっくり、してくださいね。
 (コメント、ありがとうございます。)

 「樹木」は不思議な魅力がありますよね。
 長年、佇んできた歴史がそうさせるのか・・・。
  葉を落とす・・・、そういえば、我が家の
 ノボタン、こちらは蕾をすべておとしましたが
 その後、だいぶ復活してきました。
  樹木・花共に、その内に秘めるパワーに
 凄さを感じて止みません・・・。
 

投稿: HUKUHUKU | 2006.10.28 23時26分

アレッサさん
 佐々木じいさん~、そうですね・・・。(笑)
 納得!!!!!!!!!!!!!!
 
 「樹」、大好きです。
 小学校にあった「ケヤキ」の樹がこれまた
 美しくて・・・。今でも、強い印象が残って
 います・・・。
 

投稿: HUKUHUKU | 2006.10.28 23時39分

美術と自然と教育との山崎です。コメントありがとうございました。うれしいです。木、私も好きです。紹介された本も私も非常に感銘を受けました。割り箸ペン、いい味出してますね。好きな画材で好きなものを描いて、素敵なひと時ですよね。
これからも、どうぞよろしく!

投稿: 山崎正明 | 2006.10.29 01時19分

山崎 様
  ご訪問とコメントありがとうございます。
 本、お読みになっていらしたんですね。
 私も、この本はとても感銘を受けました。
 (日本人である事を、再認識いたしました)
 割り箸ペン、初めて使ったのは小学校の写生
 大会。画板に、小さな瓶:脱脂綿と墨汁を
 いれて、割り箸持参。懐かしい思い出です・・。
 こちらこそ、これからもどうぞよろしく
 お願いします。
 *TB、ありがとうございます。
  

投稿: HUKUHUKU | 2006.10.29 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111837/3965533

この記事へのトラックバック一覧です: 「樹」のすばらしさ:

» 「木に学べ」西岡常一 [美術と自然と教育と]
 「日本の文化は木の文化」と言われます。だからこそ、日本人としてどうしても読んでおきたい本があります。  西岡 常一(薬師寺宮大工棟梁・故人)氏の「木に学べ 法隆寺・薬師寺の美」(小学館)という本です。  はじめて読んだとき、こんなにも深いものだったのかと感動しました。飛鳥時代の人々の持つ哲学に感動しました。法隆寺の棟梁がずっと受け継いできたという「口伝」には重さがあります。  高校生の時、修学旅行で見た法隆寺ですが、数年前にに再び法隆寺を訪れた時は、この本を読んでいたので、深い深い感... [続きを読む]

受信: 2006.10.29 01時22分

« 箱根の◆「秋あじさい」◆ | トップページ | ミニアレンジ「グリーン&レッド」 »